オーク通信

オークの活動内容を報告します。

いばキッズ(幼児運動遊び)ミニ運動会を開催

 

3月20日いばキッズ幼児運動遊び教室でミニ運動会を開催しました。当日は、お父さん。お母さんにも参加して頂き、親子のミニ運動会となりました。当日か紅白に分れ、①大玉転がし②ボール入れ(玉入れ)競技③親子リレーを開催し、親子楽しく元気に仲良く競技に参加してくれました。今回は時間も短く幼児の皆さんは物足りなさそうでしたが、これからもこのような企画をどんどん開催していきますの、楽しみにしていて下さい。参加をお待ちしています。

NPO法人茨木北スポーツクラブ・オーク

 

2019/03/27 スポーツ教室   会長

茨北オーク・フェスタ2017開催

IMG_1172.JPG
春日理事長挨拶
IMG_1194.JPG
Do-Da様和太鼓演奏
IMG_1238.JPG
南京玉すだれ(中道さん)
 

                        

 

 

heart10月22日(日)茨北オーク・フエスタを開催しましたenlightened

当日は台風21号の接近であいにくの雨となり、屋外イベントは全て中止になりました

が、屋内運動場で縮小フェスタを開催しました。

雨にも係わらず多くの皆さんに参加して頂きました。行政より文化部理事の小田様、スポーツ推進課の牧原課長に臨席頂き華やかなセレモニーを開催し、その後茨木産新米の販売や野菜の販売また豊川福祉会のスワンべーカリーさんがパンとクッキーの販売して頂きました。(パンは完売でした)

皆さんご協力有り難うございました。

また女性チームも含め子供達のチームも最高の演奏をして頂きましたDo-Da様による迫力ある和太鼓演奏で盛り上げて頂きました。屋内での演奏で迫力ある演奏でした。有り難うございました。

またオークさんのイベントに協力したいと地域の中道様が「♪さって!~、さって~!、さって、さって南京玉すだれ」大道芸の南京玉すだれを演じて頂きました。感謝、感謝smiley有り難うございました。

雨の中でのフェスタでしたが、一カ所に集中出来て盛り上がったフェスタでした。日頃の行いの良さに自然も味方してくれ、終了と同時に暴風警報が発令され施設が封鎖されました。

また来年もやりまっせ!!yes

≫ 続きを読む

2017/10/26 イベント   会長

サマーイベント 2017開催

P7170913.JPG

茨北オーク「いばキッズ」 サマーイベント2017開催しました。(サスケに挑戦)

2ヶ月遅れの報告enlightened

7月17日(祝日)に「サスケに挑戦」と題しいろいろな器具や用具を使って運動遊びのイベントを開催しました。

・第一部は「キッズ親子運動遊び」でお父さん、お母さん23組の親子が参加して立溝指導者の導きで親子が楽しく「ワイワイwink」「キャーキャーcheeky」といろいろな遊びを通して親子の絆を更に深めていただきました。

・第2部は小学生を対象に「サスケにに挑戦」しました。

男女15人が参加してくれました。内容は日頃できないスタックラインによるバランスと体幹の運動を始め、跳び箱、マット種目やボールを使用していろいろな遊びに挑戦してくれました。

知らない子供達の集まりでしたが、みんなで和気あいあいとコミニュケーションを取りながらチーム種目も楽しんでくれていましたsurprise

当日は暑い一日でしたが大人の方も、子供達も良い汗いっぱいで楽しんでいただきました。お疲れさまでした(^^)。

茨木北スポーツクラブ・オークでは来年もサマーイベント開催します。また参加してください(^^)。

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/09/12 イベント   会長

第1回オーク杯少女サッカー大会が開催されました

2015年12月23日 天皇誕生日に、オーク杯少女サッカー大会が開催されました。

記念すべき第1回大会です!

 

大阪、京都、兵庫から8チームが参加し熱い戦いを繰り広げました。

開会式には茨木市長 木本様、茨木サッカー連盟理事長 野中様にエールを送っていただき、選手たちも気合満々です。

地元茨木からは市内唯一の女子サッカーチームであるFC茨木ESBガールズさんが出場しました。

 

ファイル_000 (1).jpeg

 

007.jpeg

 

【参加チーム】

・如是FCガールズ(高槻市)

・北上F.C.jr(京都市)

・セルコバ北大冠(高槻市)

・スマイルセレソン(長岡京市)

・KIYO FC MARAVILHOSA(堺市)

・みさき宮本(神戸市)

・山田くらぶ(吹田市)

・FC茨木ESBガールズ(茨木市)

 

004.jpg003.JPG

 

 

優勝:スマイルセレソン

準優勝:セルコバ北大冠

3位:FC茨木ESBガールズ

オーク賞:・北上F.C.jr

 

 

005.jpeg

≫ 続きを読む

2015/12/23 主催大会   広報
タグ:イベント

オークサッカースクール専用ホームページができました。

オークサッカースクール専用のホームページを作成しました。

 

サッカースクールに関する詳細は下記のホームページをご覧ください。

 

2015/09/28 JRサッカー教室   石田コーチ
タグ:教室

【日本代表選手が幼少期に行っていた事】7月11日のオークサッカースクール

7月11日のオークサッカースクールは下記の事を行いました

■前半の部(5歳〜小学1年生)

・ドンジャンケンリレー

・シュート競争

・ミニゲーム

■後半の部(小学2年生〜小学4年生)

・ドンジャンケンリレー

・シュートゲーム

・ゲーム

7月11日のオークサッカースクールは、70名近くの子供達が参加してくれました!

暑い中でしたが、みんな楽しそうに動き回ってくれました!

「サッカーが楽しいと思える環境を作る」という事をコンセプトに始めたオークサッカースクールですので、楽しそうな表情で走り回る子供達がたくさんいてとても嬉しく思います。

楽しくサッカーをするということで、【日本代表選手が幼少期に行っていた事】というテーマで書いています。

先日の子供達の楽しそうな練習風景の写真も載せてますので、ぜひご覧ください!

http://www.ishidastyle.com/2015/07/14/personaltrainerishida/

 

 

 

≫ 続きを読む

2015/07/14 JRサッカー教室   石田コーチ
タグ:教室

アジリティトレーニングについて 6月6日のオークサッカースクール

6月6日のオークサッカースクールでは下記の事を行いました。

■前半の部(5歳〜小学1年生)

・アジリティトレーニング

・コーン当て

・ミニゲーム

■後半の部

・アジリティトレーニング

・コーン当て

・ゲーム

今回はアジリティトレーニングについての記事をご紹介します。

アジリティトレーニングはただ素早く動くだけでなく、正確性が重要です。

敏捷性と俊敏性の違いとポイントについても書いていますので、ぜひお読みください。

http://www.ishidastyle.com/2014/07/18/サッカー練習メニュー-アジリティ-トレーニングとラダー/

 

今回も40名の子供達に参加していただきました!

次回は6月20日に行います。

ぜひご参加ください!

≫ 続きを読む

2015/06/11 JRサッカー教室   石田コーチ
タグ:教室

「コーディネーショントレーニング」5月30日のオークサッカースクールについて

5月30日のオークサッカースクールでは下記の事を行いました。

 

■前半の部(5歳〜小学1年生)

・雪駄リレー

・コーン当て

・ミニゲーム

 

■後半の部(小学2年生〜小学4年生)

・雪駄リレー

・コーン当て

・ゲーム

【雪駄リレーについて】

雪駄には、運動能力向上 健康促進 姿勢の改善を促す効果があります。

雪駄について書いてますので、ぜひ下記詳細をご覧ください。

http://www.ishidastyle.com/2015/05/29/personaltrainerishida/

 

【コーン当てについて】

コーン当てでは、コーンを目掛けてボールを蹴り、当たれば徐々に距離を伸ばしていくというルールで行いました。

一見シンプルですが、コーディネーショントレーニングという基礎技術の向上に適した方法で行いました。

コーディネーショントレーニングについての詳細を書いてますので、ぜひご覧ください

 

http://www.ishidastyle.com/2014/07/03/キック-コントロール-ドリブルの基礎技術を向上させる方法/

今回のオークサッカースクールでは62名の子供達が参加してくれました!

次回は6月6日です、ぜひご参加ください!

 

≫ 続きを読む

2015/06/03 JRサッカー教室   石田コーチ
タグ:教室

メッシのように速く走れるようになるためのトレーニング 5月9日のオークサッカースクールについて

5月9日のオークサッカースクールでは下記の内容の練習を行いました。

■前半の部

・サンダル競争

・シュート練習

・ミニゲーム

■後半の部

・サンダルリレー

・シュート練習

・ゲーム

【サンダルリレーについて】

前半の部 後半の部共に、サンダルを履いて行うリレーを行いました。

現在、世界のトップ選手にメッシ ネイマールという選手がいます。

両選手共に、速いスピードというのが特徴の選手です。

その速さの秘訣として注目されているのが、「フラット着地」「重心移動」です。

これらを習得するためのトレーニングとして、サンダルを使用した競争を行いました。

本当は雪駄や下駄の方が良いのですが、代替えでサンダルで行いました。

雪駄が近日中に届きますので、楽しみにしておいてください。

雪駄などを使用することで、なぜ速く走れるようになるかを書いています。

http://www.ishidastyle.com/2015/04/28/personaltrainer-ishida/

【シュートについて】

基礎練習では、子供達が一番好きなシュート練習を行いました。

強いシュートを打つためには、インステップと呼ばれる足の甲でボールを蹴るとよく言われます。

しかし、足の甲といっても範囲が広く、足の甲のどの部分で蹴るべきかということはあまり教わることがないと思います。

強いシュートを打つためのポイントについて書いています。

http://www.ishidastyle.com/2015/05/11/personaltrainer-ishida/

 

先日もたくさんの子供達に参加していただけました!

ありがとうございます!

次回は今回に引き続き、速く走るためのトレーニングとドリブルをテーマに行います!

ぜひ参加してください!

≫ 続きを読む

2015/05/11 JRサッカー教室   石田コーチ
タグ:教室

第二期 オークサッカースクール概要について (保護者様へ)

【自己紹介】

オークサッカースクールの練習メニューの作成、練習の進行を努めさせていただきます、ヘッドコーチの石田俊介と申します。

JFA公認C級コーチの免許を所持しています。

また、特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)認定 NSCA-CPT(パーソナルトレーナー)の資格を所持し、プロのトレーナーとしても活動しています。

サッカーだけでなく、自分の専門の知識を活かして子供の運動能力の向上や健康の促進をテーマにした練習も行っていきます。

【スクールの目的】

①サッカーが楽しいと感じてもらう

②運動能力の向上と健康の促進

③たくさんの友達と触れ合う

■サッカーの楽しさを伝える

オークサッカースクールは5歳~10歳までの年代の子供達を対象としています。

この年代はプレゴールデンエイジと呼ばれる世代であり、「神経回路」が最も発達する年代です。

つまり、この時期に様々な体を動かす遊びや運動を行うことで、今後の運動能力の基礎が出来上がります。

しかし、最近ではテレビゲームの普及や公園でのボール遊びの禁止などの影響で、この年代の子供たちが外で遊ぶという機会が減ってきています。

そのため、まずはサッカーを通して外で体を動かす楽しさや、ボールを使った遊びの楽しさを子供達に感じてもらうことをこのスクールの一番の目的としています。

そんな想いから、オークサッカースクールでは型にはまった基礎練習やサッカーの指導ということはほとんど行いません。

子供達が自由に、夢中でボールを追いかけるような環境を提供できるように努めていきます。

■運動能力の向上と健康の促進

文部科学省のデータで、子供の運動能力は昭和50年以降から低下し続けています。

上記で述べたように、子供の外で体を動かす機会の減少と同時に猫背の増加が運動能力の低下を増加させていると考えます。

オークサッカースクールでは、サッカーだけでなく毎回練習のはじめに、子供の運動能力向上や姿勢の改善にアプローチするボディコーディネーショントレーニングを行っていきます。

ボディコーディネーショントレーニングの内容と目的については下記に詳細を載せています。

■たくさんの友達と触れ合う

オークサッカースクールでは、様々な小学校や保育園の子供達が参加してくれています。

練習では、毎回違うメンバーのグループを作って、たくさんの友達と触れ合う機会を作っていきます。

その中で、気が合う子 気が合わない子 仲良くなれたり 嫌われたり ちょっとケンカになったり 仲直りできたり グループに馴染めなかったり 新しく友達が出来たりといろんなことが起こると思います。

しかし、今後子供達が大人になっていく上でいろんな組織の中に入り、必ず経験することだと思います。

その際に、うまく順応できるようにこのスクールで少しでも経験してもらえたらという想いがあります。

そのため、毎回の練習でランダムでグループを作り。グループで練習を行う機会を作っていきます。

【スクール概要】

■前半の部

時間:9時〜10時30分

対象:5歳〜小学1年生

■後半の部

時間:10時30分〜12時

対象:小学2年生〜小学4年生

【練習構成】

・ボディコーディネーショントレーニング(15分〜20分)

・ボールを使った練習(15分〜20分)

・ゲーム(30分)

【ボディコーディネーショントレーニングについて】

文部科学省のデータで子供の運動能力は昭和50年頃から低下し続けていると言われています。

また、サッカーにおいても日本人の身体能力は南米やアフリカの人たちと比べてみると低いと言われ続けています。

■日本人の運動能力が低下している原因について

骨盤の後傾と踵(かかと)重心、つまり猫背の姿勢ということが大きな原因の一つです。

1980年以降の調査で運動能力の低下とともに、猫背の子供の割合が全体の2割であったのが4割まで増加したというデータがあります。

猫背になることで、立つ 歩く 走る際に踵だけで着地をしてしまいつま先を上手く使えなくなることでスムーズな動作ができなくなり運動能力は低下します。

■メッシやネイマールの速さの秘訣~フラット着地~

メッシとネイマールという選手は世界でトップの選手ですが、両選手ともにドリブルをする際の速いスピードということが注目されています。

その速さの秘訣として、フラット着地ということが注目されています。

フラット着地とは、立つ、歩く、走る際に、足裏の拇指球 小指球 踵(かかと)の三点で着地をすることです。

フラット着地ができるようになることで、骨盤が前傾し、身体の重心移動が上手くできるようになるため、素早く動くことができるようになります。

 

上記でも述べたように、オークサッカースクールが対象とする子供達の年代は、神経回路が最も発達する年代です。

この年代の間に人間本来の自然動作を身につけることで、今後の運動能力は格段に変わってきます。

そのため、ボディコーディネーショントレーニングではフラット着地や姿勢の改善 体幹トレーニング 怪我の予防といったことをテーマに行っていきます。

 

≫ 続きを読む

2015/04/21 JRサッカー教室   石田コーチ
タグ:教室
お気軽にお問い合わせ下さい